This page looks best with JavaScript enabled

パクチーのあれこれ

 ·   ·  ☕ 6 min read  ·  ✍️ coriander

    この記事はBest-friends.chat Advent Calendar 2019 20日目の記事です.

    今回はこのブログの名前にもなっているパクチーのことについて色々調べたことを紹介したいと思います.

    なぜこのような記事を書いたかというと,パクチーについて偏見,勘違いをしている人が自分の周りに多いと感じていたからです.

    なので,この記事を読み終わったあなたはパクチーのことが大好きになるはずです!(?)

    なお,パクチーの専門家でないため情報に間違いがあるかもしれません.

    その場合はコメントでお知らせくださいm(__)m

    パクチーとは

    まずはじめに勘違いしている人が多いので初めに述べますが,パクチーとコリアンダーは同じ植物です.

    Wikipediaによるとパクチーとは以下のような植物のことをいうらしいです.

    コエンドロ(学名:Coriandrum sativum L.)は,セリ科の一年草である.日本には10世紀頃に渡来した.英語由来のコリアンダー(coriander),タイ語由来のパクチー,中国語由来のシャンツァイ(香菜)とも呼ばれ,日本においてはこれらの名前で野菜および香辛料として流通している.

    つまり,お店のメニューに書いている「パクチー」とスパイスを買うときに見かける「コリアンダーパウダー,コリアンダーシード」は同じ植物のことを指しています!

    実は自分も去年までコリアンダーとパクチーは別の植物だと思っていました…

    だから海外に行ったときに「No パクチー!」とお店の人に行っても多分通じないと思います…

    「No coriander!」と言えば通じるんじゃないんですかね(適当)

    英語が世界の共用語になっている今の時代になぜ日本では「コリアンダー」より「パクチー」という名前の方がてよく知られているか疑問に思うかもしれません.

    その一つの理由として,90年代以降にタイ料理店をはじめとするエスニック料理店が増えてきたときに,コリアンダーの葉っぱのことをタイ語のまま「パクチー」と表記し,それが日本中に広まったからだそうです.

    ここからは推測ですが,パクチーといえばコリアンダーの葉っぱという認識が日本中に広まったため,コリアンダーの実を主に利用したコリアンダーパウダーはパクチーパウダーという名前にせず,コリアンダーパウダーという名前にしているのかもしれません…

    おすすめのパクチーの食べ方

    結論からいうと,辛い食べ物と相性がいいと思います!

    その中でもイチ押しはパクチー入りのカレーです!

    スパイスとパクチーの独特な苦みがマッチしてとてもおいしいです!

    また個人的にはパクチーと柑橘系(レモン)の組み合わせはあまり好きじゃないです…

    去年くらいにコンビニでペヤングのパクチーレモン味が売っていたので買って食べてみたところ,今まで食べたパクチー料理の中で一番おいしくないと感じ,死にそうになりながら完食しました…

    他にもレモンとパクチーがトッピングされたベトナム料理のフォーを食べた時も途中で気分が悪くなったので,もしかしてレモンとパクチーの組み合わせは生理的に受け付けない体になっているのかもしれません笑

    豆知識

    1. パクチーってカメムシの味がするんでしょ?

    これに関しては少しだけ当たっています.

    パクチーのにおいの成分とカメムシのにおいの成分はだいたい同じらしいです.

    実はコリアンダーという名前の由来は古代ギリシャ語でbedbug(カメムシの一種)を表す「koris」と強い芳香を出すことで知られているアニスの実を指す「annon」が語源となっているらしいです.

    ということは昔の人も「パクチーってカメムシの匂いがする!」って思っていたんですね!

    まさかカメムシがコリアンダーの語源になっていたとは…

    しかもパクチーの和名(日本語での名前)は「カメムシ草」なんです…

    ということはやっぱりパクチー=カメムシ!?

    またパクチーは人の体の中の遺伝子が原因で食べられない人もいることで知られている植物です.

    アメリカの遺伝子解析サービス1のデータによると,パクチーが好きじゃない人の多くが人間が持つ嗅覚に関する遺伝子に突然変異を持っているらしいです.

    そのため,パクチーの匂いを嗅ぐと,石鹸に多く含まれている成分に対して敏感になり石鹸のように食べられないものだと判断してしまうのが原因で匂いが嫌いになるそうです.

    親が嫌いな食べ物を残す子どもに「ピーマンやニンジンも食べなさい!」と怒ることがありますが,パクチーの場合は好き嫌いの問題以前に遺伝的な問題で生理的に拒絶してしまう人がいる以上,無理やり食べさせることはできませんね…

    パクチーを強制的に食べさせるとフードハラスメントで訴えられるかも笑

    しかし,パクチーの匂いがダメという人は遺伝的に仕方ないとしても,カメムシのがするから嫌いという意見は変じゃないですか??

    カメムシを実際に食べたことがある人がそのように意見を述べているなら納得しますが,カメムシを食べたことがないにも関わらず,カメムシのような味がするというのはなんだか変な感じがします.

    2. パクチーってタイ以外でも食べられているの?

    パクチーと言えばタイ料理を思い浮かべてしまいがちですが,実は世界中で食べられている植物なんです!

    それはコリアンダーという名前が古代ギリシャ語に由来していることからも分るように,ヨーロッパではコリアンダーの種を利用してカレーを作る際に一緒に入れたり,ウォッカやジンに漬け込んで果実酒としても使用されているそうです.

    特にポルトガルでは郷土料理によく用いられており,ポルトガル料理に欠かせない食材だそうです.

    他にはタイを中心としたアジア圏ではもちろん,中南米の国でも食材として使用されています.

    しかも実は沖縄の与那国島ではパクチーが島野菜の一つになっています!

    実はパクチーって世界中で愛された食材だったんですね~

    なのになぜ自分の周りの人はパクチーが嫌いな人が多いんだろ…?

    感想

    パクチーについてゆる~くまとめるつもりが,文字にしてみると小学校の調べ学習みたいな内容になってしまいました….

    もっと記事を書いて文章力を鍛えないといけないなぁと思いました(小並感)


    1. このサイトに書いてあった内容を鵜呑みにしただけで,実際に遺伝子解析サービスのデータを見たわけじゃないです… ↩︎

    Share on

    coriander
    WRITTEN BY
    coriander
    student