This page looks best with JavaScript enabled

UbuntuでWindows10の環境を作る

 ·   ·  ☕ 5 min read  ·  ✍️ coriander

動機

Windowsを使わなければ留年してしまいそうだったので,仮想マシンを使ってWindows10を導入しました.(学校はLinuxユーザーにもっと優しくしてほしい)
使用した環境ははUbuntu 18.04, Ubuntu 20.04です.

VMwareのインストール

KVMとVMwareで迷いましたが,VMwareのほうがパフォーマンスが良いという記事を見つけたので,VMwareを選択しました.

VMwareのホームページからVMware Workstation Playerをダウンロード

VMwareのホームページにアクセスし,ダウンロード →無償製品のダウンロード → Workstation Playerをクリックします.

VMware Workstationのダウンロード画面
VMwareのダウンロード画面

今回はUbuntuにダウンロードするので画像の右側のWorkstation 15.5 Player for Linuxの試用をクリックします.
クリックすると,本記事執筆段階ではVMware-Player-15.5.2-15785246.x86_64.bundleがダウンロードされます.
ダウンロードされたファイルは(mkdir ~/vmwareなどで)事前に作成した,vmwareフォルダに入れることをおすすめします.

インストーラを起動

ダウンロードが完了したら,.bundleファイルを開きインストーラを起動させます.

1
2
cd vmware
sudo sh VMware-Player-15.5.2-15785246.x86_64.bundle

上のコマンドを打つとVMwareのインストーラが起動します.
基本的にはデフォルトのままで問題ないと思います.
正常にインストールが完了すると,

1
vmplayer

と打つことで,VMplayerを起動することができます.

home画面
VMwareを開いたときの画面(Windows10はまだ入れていないので表示されないです)

VMwareでWindows10を動かす

VMwareのインストールが完了したので,実際に仮想マシンを動かしていきます.
Windows10を動かすためにはプロダクトキーが必要なので事前に準備しておきましょう!

Windows10のisoをダウンロード

Windows10のダウンロードページにアクセスして,isoファイルをダウンロードします.

isoダウンロードページ

エディションの選択でWindows 10を押して,確認をクリックすると,製品の言語を選択の画面が出てくるので,好きな言語を選び,再度確認をクリックします.

ダウンロード画面

64-bit, 32-bitについては,好きな方を選んでください.
ダウンロード先は先ほど作成したvmwareにしておくとわかりやすいです.

Windows10のセットアップ

次はダウンロードしたisoファイルを実際に動かしてWindows10を起動させます.

VMwareを起動させます.起動させた後,左上のFileタブをクリックし,Create a New Virtual Machine (Ctrl + N)を選択します.

iso選択ページ

上の画面が開いたら,Use ISO imageを選択し,isoファイルが入っているディレクトリを指定したあと,Next押します.

Windows10の設定画面

用意したWindowsのプロダクトキーを入力し,対応するWindowsのバージョンを選択してください.
Personalize WindowsではWindowsのアカウント情報を入力します.
Full nameではWindows10で設定したいユーザー名,Passwordではログインするときのパスワードを入力します.パスワードは入力しなくても大丈夫です.
Login automaticallyはお好みで選択してください.

この先はスクリーンショットを撮り忘れたので,記憶を頼りに箇条書きで説明します…

  • 仮想マシンの名前は自分の好きな名前にしてください.場所も好きな場所で大丈夫です.
  • ディスクの容量はPCと相談して決めましょう.どれくらいにしたらわからない場合はデフォルトのままで問題ないと思います.
    • ディスクの容量は後からでも変更できます.
  • 仮想マシンを単一ファイルとして格納するか,複数のファイルに分割するかについてはどっちでもいいです.
    • パフォーマンスを気にする場合は,単一ファイルを選択しましょう.
  • メモリの容量も後で変更することができるので,デフォルトのままで問題ないです.

設定が終わると,VMwareのホーム画面に先程設定した仮想マシンの名前が表示されていると思うので,Power Onをクリックします. Windows10が立ち上がると成功です!

初回はWindow10のセットアップがあるので,ログインするまで結構時間がかかります.
ゆっくり待ちましょう〜

VMwareで動いているWindows10

上の画面が表示されたら成功です!!(Google ChromeとDMMGamePlayerは自分で入れました笑)

これで,Window用のソフトを渡されても怖くないですね!(適当)

FAQ

VMwareが起動できない

1
sudo vmware-modconfig --console --install-all

このコマンドを入力することでvmmonvmnetがインストールされ,VMwareが起動できるようになります.

Windows10起動時に/dev/vmmonに関するエラーが出る場合

1
2
3
wget https://raw.githubusercontent.com/rune1979/ubuntu-vmmon-vmware-bash/master/wm_autoupdate_key.sh
sudo chmod +x wm_autoupdate_key.sh
./wm_autoupdate_key.sh

上のシェルスクリプトを起動すると,パスワードが求められます.好きなパスワードを入れてください.後で使います.
シェルスクリプトの実行が無事終われば,PCを再起動してください.
再起動するとブルースクリーンになり,選択肢が表示されます.
Enroll MOKYesを選択して,画面のとおりに設定をすすめてください.ここでさきほど入力したパスワードを使います.
その後,再起動するとVMwareでWindows10が起動できるようになります.

最後に

Windows10を起動させたときにVMwware-toolsがインストールできないです…
仮想マシンを起動させるとNo 3D support is available from the host. The 3D features of the virtual machine will be disabled.と表示されるんですよね…
解決策を知っている人がいればコメント欄で教えてほしいです…

更新履歴

2020年5月28日

  • Ubuntu 20.04の内容を追加
  • FAQの内容を修正
Share on

coriander
WRITTEN BY
coriander
student